Blog

ヒロタが綴る日々の出来事

今晩は。

今宵の月が、とても美しく感じます。
夜風も心地よく、
自転車で、どこまでもゆけるよう。
先程恵文社さんまで納品に行ってきました。
かご針山を4点お届け。
色味は何だかフィンランド。←個人的イメージ

他の店舗さまに向けても、
少しずつ作品を準備しています。
暫しお待ち下さい。

こちらは制作途中の写真。
かご部分もしっかり、手編みでお作りしています。
ヒロタも6年程、この針山を愛用していますが、まだまだ現役。

Still

2008.6/16

昨夜の雨は深夜に上がり

外の空気を浄化して

からりと晴れました

泣きたいくらい、いいお天気

岩手・宮城内陸地震で被害に遭われた方々、
亡くなられた方々、ご遺族の方々、
心よりお見舞い申し上げます。
胸が痛みます。
気の利いた言葉など持ち合わせておらず、申し訳ないです。
連日救助作業をされている皆様、本当にお疲れ様です。

走る女

2008.6/15

DSC00012.JPGのサムネール画像

玄関の靴箱の上。
久し振りに中の絵を入れ替えました。
雨のいろと、好きな器とで構成されている絵。
松本洋子さんの作品です。
そして、はしっこしか写っていないけれど、
カレンダーがわりの佐々木美穂さんのポストカードも
側に置いてあります。
モノクロのドローイングのような絵。
月ごとに12枚あって、もう何年も、入れ替えては飾っています。
何度見ても、飽きないなあ。

DSC00003.JPG

額の下には、私のもとへ連れて来られた宝物。
四万十川、沖縄、名前も忘れた外国、いろいろ。

先ほどまで、この間失敗した写真の撮影をリベンジして、
パソコンで確認。(撮ったものがすぐに見られる、便利な世の中・・)
やっぱり昼の自然光で撮影したほうが、いいものが撮れますね。
今日は、連日フェルト化作業をした作品たちの仕上げをしようと
思っています。
体調は、まずまず。
しゃきっとさせてくれる、ローズマリーのアロマオイルを焚いて、
さあ、がんばりましょうか。

こんにちは。
今日はどんな一日ですか?
私は制作したり、のんびりしたりしておりました。

ゆうべ寝付きがよくなかったので眠りにつくのが遅くなり、
今朝、部屋の気温がぐんぐん上がって暑さで目が覚めて、
せっかく予約していた病院、寝過ごしてしまいました。

暑いけれど風はあって、とても清々しいので、
お盆を持ち出してベランダで朝ごはん。
先日買ったいちごのジャム、とても美味しいですよ。

精一杯生きている人。
毎日額に汗して仕事をしている人
やりたいことがみつからずにもがいている人
今日も何も出来なかったと嘆く人
やりたいのにできない事情をもつ人
心の中に穴っぽこがある人
彷徨う人
みんな、精一杯生きている。
それぞれ、いろんなものを抱えながら、それでも生きている。

明日も一緒に空を見ましょう。

I coexist

2008.6/12

お元気ですか?

昨日から、次の制作に取りかかっています。
いくつか出来上がったので撮影をしたのですが、
全然だめ。納得いかね〜。
えーい、全部撮り直しじゃ〜。

そんなこんなで夕刻。
窓から心地のいい風が部屋を通り抜けていきました。
ベランダに出てみると
透き通った空に月が出ていて、
鳥の群れが通り抜けていきました。
それは、生きているっていいもんだ、と思えた瞬間で。

お花畑でのんびり生きていたら、決して見られなかった景色。

また近いうちに、納品のお知らせができると思います。
どうぞどうぞ、よろしく。

A daily fragment

2008.6/11

こんにちは。

昨日、旬のものが食べたくて、茄子と胡瓜と、枇杷を買いました。
茄子は煮浸しに。
枇杷は食後のおやつにしました。
胡瓜は静かに出番待ちです。
気温も湿度も高いこの季節は、さっぱりと酢の物にしたら美味しいかな、
などと考えています。

今では一年を通してどんなものでも食べられるようになったけれど、
昔は季節ごとの旬があったのですね。
なんとなくですが、できるだけ旬のものを食べるようにしたいなと
思い始めました。

今日は気温が高くて、
ちょっと制作をしただけで暑い暑い。
あらためて、フェルトって体力仕事だなあと思いました。
でも、体調はまずまず。
がんばりすぎないように、がんばります。

きらきらとした欠片は、日々のほんの些細な所に転がっており。
それに気付けないときは、かなしいものです。
欠片を見つけて拾い上げられる自分自身で在るか否か。

Bicycle delivery

2008.6/10

本日、夕刻の空気が清々しい頃合いに、自転車にて
針山たちを恵文社さんまで届けてきました。
詳細は

DSC00022.JPG

色味もグラデーションも
  さまざま

ひとつとして、
同じものはありません

あなただけの”ひとつ”、ぜひ。

untitled

2008.6/8

いつもの様に、
いや正確には一日として同じ日は無いのだが、
今日も私は忙しいながらも、
大きな意味では「のほほん」と過ごしていた。

当たり前の、日常。

突然飛び込んできた、通り魔殺人事件のニュースに、
大きなショックを受けた。
今、テレビはそのニュースでもちきりなのだろうか。

ある日突然、
出掛けた先で、見ず知らずの人間に命を奪われる。
被害に遭われた方々、亡くなられた方々、ご遺族の方々の御心中
察するにあまりある。

今日、私たちが生きていることは、奇跡。
毎日が、奇跡の連続。
そしてこれを書いている私も例外ではない。
いつ、何処でどんな運命が待ち受けているかなんて、
誰にもわからない。

そのことを。

こんにちは。

今日はまるまる一日、制作日にすることが出来ました。

本日は午前中すこしの雨、午後からは晴れのち曇り。
湿度が高めのわりには、今日の調子はまずます。
昨日の天気予報で降水確率10パーセント、とあったので、さっそくお洗濯。
干していたら、太陽が雲に隠れ、雨雲がでてきたので
かなり不安になりましたが、何とか晴れ間は保ったようです。
毎日洗濯機を回したい人なので、梅雨時は天気読みが大切。
天気予報も、あんまり当てにならなかったりなのです。
参考程度に信じよう。

risutohariyama.JPG

昨夜仕上げたカゴ入り針山。
背後からは、何者かの視線。

このサイトでも、作品ページに他の色のものが載っています。

この針山をつくっていると、いつもトリュフを思い出し、
結果チョコレートが食べたくなります。
(特にこういうブラウン系の色味のとき)
2002年から作っているシリーズです。
羊毛の針山には、針が錆びにくいという特徴があります。

それぞれの家の中で、普通の顔をして、
長く使い続けられるものを創っていきたい。
飽きずにずっと使ってもらえるものを目指して創るのって
難しいけれど。
「日常」こそ、nouvelle vague.のトータルなテーマなのか。やはり。
そうじゃない表現は、本名名義の制作活動でやれるのです。

今、ようやく調子を戻しつつあり、かなりマイペースで制作しています。
あとすこしお時間をくださいませ。

石橋は、適度に叩いて渡りたい。(お、五・七・五。)

PA0_0016.JPG

作りかけの洋梨の下部分が口に見えてきたので、
ボタンで目を付けて遊びたくなった。

今日は久しぶりに料理らしい料理をしました。
先日かぼちゃを入手したので、
定番ではありますがかぼちゃの煮物。
でっかい焼きちくわも入れましたよ。
(もちろんちゃんと輪切りにしました。)
以前sajiから雑炊にちくわを入れると美味しいと習ったので
その応用編。
出汁がでておいしくできるのです。
ちくわ、えらい。
ネーミングも妙に可愛いぞ。

そして完璧に風邪を引きました。
風邪を引くのは、実は久しぶりです。
鼻の不具合とくしゃみと、咳と。
風邪ってこんなんやったなあ、と思い出しました。

夜中mixiをばいじっていたら、KKPの公演がまたあるとか!
また小林さんにお会いできる(かも)、とテンションが上がりました。
今度はチケット取れることを切に願います。