Blog

ヒロタが綴る日々の出来事

人形づくりミッションがようやく終わりを告げようとしています。あとは微調整と付属品の小物の制作です。ほっとする〜。人形をつくると鶴の恩返し状態で結構なパワーを使う気がします。「ヒトガタ」なのが理由なのでしょうか…体重もなんか知らないけど減る。人形をずっとつくっている方ってすごいんだなあと思います。消耗しないような工夫をしているのでしょうか。人形の制作ペースや取り組みかた、もっと研究する余地がありそうです。

制作も他のことも、ひとつひとつの「?」を置きざりにしないようにしていく、手に余る時はいったん置いておく、間違えたら改める、現実の楽しみをめいいっぱい楽しむ、そういう暮らしが好きです。今日は大相撲千秋楽、めちゃくちゃマジでめちゃくちゃ楽しみ。

とにもかくにも、あれこれひとつずつ進めております。

 

そして今日の隣町への御用、帰りに新しいキッチンミトンを買って帰ることを忘れない。

 

本日の作業BGM:COLORS/SAKURAドロップス-宇多田ヒカル

当時の若さでこの歌詞、曲、すごいなあ。

いま作っている人形が面長になり、調整せねばと焦っているヒロタです。

作品集は無事に入稿が済みまして、順調に行けば6月中旬に完成の予定です。ご予約くださった皆さまには後日改めてメールでお知らせいたしますね。お待ちいただき、本当にありがとうございます。

 

今年度の制作スケジュールも順調に埋まり、まずはほっとしているところです。新規でお話をいただくのも嬉しいですが、リピートでご依頼頂けるお仕事も嬉しい。制作には(内容によってですが)いろんなテーマがあり、ざっくりと「何かご依頼いただいたら次もまた依頼してもらえるような作品を目指す」というのがあったりします。表現手段としての制作そのもののテーマもいろいろあって、「やりたいことをやる、またはやりたくないことはやらない、評価など知らぬ」というものもあったりします。一見相反していますが、根本は、自分が後悔しない仕事を目標にしてやるという感じです。あとは身体を壊すまではやらない、休むときは休むなどいたってシンプル。

気が強くないとやれないけれど、再依頼をもらったらこっそり感動したり、やりたくてやった作品を「これよかったよ」とお声がけいただいたらやっぱりこっそり感動してしまいます。こっそり感動屋を経営しています。この経営はとっても大切で。(心は機械ではないし…)

先日は数年ぶりに友人が会いに来てくれました。今の情勢関係なく、「あんまりあちこち行かないで生きていけるのが謎!」みたいに言われます。彼女は自分と真逆で旅人。全然違う所があるのがおもしろいです。

さて、面長の調整の続きをやります。

オタク心をくすぐるアンタレスとM6。色のセレクトやパーツ選びもアガります。

2021夏の天体観測展お知らせをUPしました。前回お休みしたので久しぶりの参加です。お知らせにも書きましたが、今回はザ・王道な12星座というテーマに取り組んでみようかなと思いました。

赤の種類

2021.5/16

美容院に行く。今回の髪色は、くすみ系のオレンジにピンクを混ぜた色にしてもらいました。絵の具の色を混ぜるようにカラー剤を混ぜられると初めて知りました。コンプレックスだったおでこも少し前から全開に。今は暗い赤のような色になっていて、ここから少しずつ色が抜けて変化していくのが楽しみです。

ちょうど新作にも取り掛かっていて、「強く燃える火」がキーワードなのも面白い偶然です。だからといって真っ赤で派手な作品になるとは限らないのも面白いところ。

ヒツジフエルト縮絨室のオンラインストア、shop.hitsuji-felt.comに、スマートフォンケースとキーケースを数点ずつ販売します。UPしましたら改めてお知らせしますのでお待ちくださいませ。

上記urlのヒツジフエルト縮絨室ストアで先行販売した1週間後を目安に、まだあるアイテムをCreemaのショップでも販売できるようにいたします。
1週間以内に完売した場合はCreemaに受注販売アイテムのみを追加します。(5〜6月を予定しています。)何卒ご了承下さい。


そして以下、価格に関するたいせつなお知らせがございます。

消費税や材料の値上げに関わらず、ここ何年か本体価格を変えずに販売しておりましたが、今後もものものづくりを続けていくにあたり、やむを得ず販売価格の値上げをする事にいたしました。

また、制作技術の向上という理由もございます。


今回お知らせしたスマートフォンケースとキーケースは、今まで通りの価格で販売するラストとなります。その後7〜8月を目処に、新価格での販売になります。

ご不便をおかけいたしますが、良い作品をみなさまにお届けできるように今後も一生懸命がんばりますので、何卒よろしくお願いいたします。

追伸:明日、作品集の色校正が届く予定です。もう少し待っていてくださいね。

ヒツジフエルト縮絨室
ヒロタリョウコ

先日、あるお店で盗難がありました。店主さまは、作家が魂込めてつくった作品にこんなことをされたということにとても心を痛めておられます。

その作品が欲しくてお金がないからこっそり持ち帰るというより(これも許されませんが)、転売目的のことが多いようです(10億歩譲ってちゃんとお金を出すべきですし、そもそも売りたいならちゃんと店なり何なりを作って販売したいのですがと作家に依頼し、winwinな関係にするべきだと思います。つまりそれは店舗さまがしてくださっていることであり、盗難による転売は責任を放棄した行為)。また、「見るからにあやしい」人ではないこと、複数であることも多いです。このようなことは本当にかなしい。それでもいろんな人がいるのだから対策はするしかないのです。

幸いにもカメラに顔が写っており被害届も出されています。どうか作品を返していただきたいです。アイデアを考える時間、試行錯誤の時間、制作の時間、材料費を始めとするすべてのコスト、晴れ舞台を用意して接客してくださる店舗さま、そして魂への対価は払って然るべきものです。(どの作品が盗難にあったかは明言されておりませんので、ヒロタの話、というわけではありません)

クリエイターのイベントでもしばしばこういうことは起こっていて、皆さん独自で防犯対策をしていらっしゃるようです。証拠(画像)が大切ですので、活動されている方が見てくださっていましたらどうぞお気をつけくださいね。

そして、「作品が何か」をご理解してくださる店舗さまや企業の方々とお仕事ができていること、温かいお客さまに支えられていることをあらためて幸せに思いました。また、ここまで偉そうに書いている内容と矛盾するようですが、ご厚意で活動をサポートしてくださる方々もいらっしゃいます。関わってくださる皆さま、本当にありがとうございます。

※今回のblogは、ヒロタ個人の意思で書いているものです。そのことをご承知いただけますようよろしくお願い申し上げます。

一通りプンスカして、感謝の気持ちを持てたところで、制作に戻ります〜。

 

5月

2021.5/11

この風景も2回目になりました。

Creemaの受注はお受けしている分の全てを発送完了いたしました。お待たせしました!到着をもうしばらくお待ちくださいませ。
SOLD OUTの受注アイテムを含めた次回の追加販売は5〜6月を予定しております。制作から販売業務までひとりで行っているためいつも少しずつの販売ですが、おひとりでも多くの方に手に取っていただければ…と思っています。
販売中のアイテムは引き続き受注可能ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

Joy

2021.5/10

Four Tetのアトリエが好みすぎる。段ボール箱の上にターンテーブルを乗せている所も何かいいなぁ。

A Joy好き。

無事に制作の山を2つほど越えました。次はまず追加でオーダー頂いたCreemaのアイテムを仕上げていきますのでもう少しお待ちくださいね。アイテムが到着したみなさまからのコメントやメッセージはいつも嬉しく拝読していて、お届けできてよかったなあと心から感謝しています。本当にありがとうございます。

作品集・リターン品のことや夏の天体観測展の参加(久しぶりに参加します)など、今後もこちらやSNSでちょこちょこお知らせしていきますね。

ホワイトタイガー(仕上げ前)

髭用の特別な糸、無事届いた。

 

かなり懐かしいので知らない方も多いでしょうが、赤い光弾ジリオンのOP・EDがめっちゃ良くて、制作の追い込みをかけながら聴いています。

(本編は一度も見ていない)

さんぽ

2021.5/5

家には大きな欅の木があります。カメラを向けたら鳥の巣を見つけました。

気分転換には散歩をします。歩いて行ける距離にお墓があるのでついでにお参りしてこようかと思ったけれど、もう虫たちが活発になってきていて離れた所から手だけ合わせることにしました。(山の麓にあるお墓近辺の虫は毒が強くて、わたしはちょっと刺されただけでめちゃくちゃ腫れる)フアナ・モリーナ熱が再燃していて、聴きながら歩くのもいい感じ。スピッツも変わらず良いです。いつか生で聴いてみたい。いや、ならば聴きに行こう。もしくはイヤフォンを外して、風景と草の匂い、鳥の鳴き声や田植えの農機が動く音、水の流れる音、首筋をかすめる風、それらに体を集中させ心象を重ねて歩く。どちらも心地よいお散歩です。